伊那谷ふぃーる

journal

伊那谷じゃーなる

こどもの頃の記憶 – 思い出す背中 –

「いつか」のこどもたちに、私たちはなにを残せるだろう? 昨年「目的のない旅展」を開催した辰野美術館で、今年はカメラマンや旅人、ライターと作り上げる「時の子ども展」を開催。伊那谷ふぃーるも参加させていただきます。作品は、みなさんから集めた「こどもの頃の記憶」。

時のこども展×伊那谷ふぃーる
こどもの頃の記憶 – 思い出す背中 -」

2021/10/23〜11/28まで、辰野美術館で開催される時の子ども展に、伊那谷ふぃーるも参加させていただくことになりました。展示作品は、「みんなのこどもの頃の記憶」です

 
今も心に残る
あなたのこどもの頃の記憶を

教えてくれませんか。
伊那谷ふぃーるでは、みなさんから募集させていただいた作品を、展示させていただきたいと考えました。
 

あの頃のあなたの記憶が、いま、誰かに届いたら、その誰かは、自分も他人も一生懸命生きてることに気づくかもしれない。身近な誰かに、今より少し優しくなれるかもしれない。みんな、あの頃、こどもだった。
 

 

 

<募集要項>
1. 作品のテーマ
「こどもの頃の記憶 – 思い出す背中 -」
こどもの頃を思い出した時、浮かんでくる、誰かや自分の背中をテーマとして書かれた作品を募集します。
 

2.作品の種類
エッセイかイラストのどちらかをお選びください。

①エッセイ
200字〜400字程度のもの
※文字量は多くなってもOKです。
②イラスト
ことばを添えてもOK
※作品は未公表のものとします。なお、作品中に他人が著作権等を持つ著作物等が含まれる場合は許可をとっていただくなど、ご対応をお願いする場合がございます。
 

3.展示方法
セイコーエプソン株式会社のプロジェクターにて、美術館の壁に映し出されます。
 

4.応募資格
特になし。どなたでもご応募いただけます。
 

5.募集期間
1次締め切り:2021/10/16(土)
2次締め切り:展示期間中随時
 

6.応募方法
Googleフォームまたはメールにてお送りください。
 
・お名前
・プロフィール※経歴や想いなど自由
・こどもの頃の記憶 – 思い出す背中 - 
※エッセイ作品をご記載ください。 文字数200〜400字(目安) それより短い、かなり長くなってしまってもOKです
・イラスト ※jpgデータにてご送付お願いいたします。  

▼Googleフォーム
https://forms.gle/oQiGCg7J2fW7CPZy7
 

▼メール
info@inadani-feel.com(伊那谷ふぃーる事務局宛)
※イラストの場合は、メールにてお送りください。
 

7.展示作品の選考
応募件数が多かった場合は、時のこども展運営事務局とともに、僭越ながら何点か選ばせていただきます。ご了承いただけましたら幸いです。
合わせて、伊那谷ふぃーるサイト内でも掲載させていただく予定です。
 

8.お問い合せ先
ご不明な点は、伊那谷ふぃーる事務局(info@inadani-feel.com)まで、
お問い合わせください。
 


 

「いつか」のこどもたちに、私たちはなにを残せるだろう?
昨年「目的のない旅展」を開催した辰野美術館で、今年はカメラマンや旅人、ライターと作り上げる「時の子ども展」を開催します。
 

今回のテーマは、「他人の声に、鼓動に、耳をすましてみる」ということ。過去・いま・未来、いつかの、どこかの、こどもたちのことを想像するとき、世界はきっと少しずつ変わっていく。


 
時のこども展
場所:辰野美術館
期間:2021年10月23日(土)〜11月28日(日)
企画展ウェブサイト
https://tokinokodomo.studio.site/

辰野美術館
http://artm.town.tatsuno.nagano.jp/

○と編集社
https://maruto.or.jp/