伊那谷ふぃーる

journal

伊那谷じゃーなる

学校と地域をつなぐキャリア教育コーディネーター 後編

学校と地域をつなぐキャリア教育コーディネーターとして活動されている久保村 英未子さん。海外での経験や自身の子育て経験も駆使ししながら、広い視野で、伊那谷のキャリア教育を支えている。どんな思いでその活動に関わられているのが、率直な気持ちを寄稿いただいた。

心の引き出しを増やす
子どもたちに、知らないを知って
「面白ろそうだな」
「もっと知りたいな」と
興味関心を抱いてもらえたらいい。
 

そして、地域の大人たちと関わることで
「伊那谷っていい場所だなぁ」
「地域に愛されてるな」って
感じてもらえたらうれしい。
 

子どもたちにとって、
この時に聞いた話が何に活きるか
今はわからなくても、
心の引き出しが増える。
 

この先、進路、仕事、生活の中で
いろいろな選択、決定をする場面がきて
考えたり悩んだりしたとき、
その引き出しの数が役に立つはず。
 

自分の子どもの頃の写真


豊かな伊那谷で育つこと

伊那谷は地方だけど、
何もない場所ではなく、
自然、モノ、そして何より人が豊か。
 

関わり方、見方一つで
自分の世界がぐんぐん広がる場所。
 

地域の子どもたちが
様々な考えを学び、
引き出しを増やし、
自分自身の選択肢を増やして、
自分の人生を自分で選んで決めていける力を
持てるようになればうれしい。
 

そして、ここで育ったことに
自信をもってもらいたい。
将来どこで暮らしても
子どものころに経験したことが
自分を作った要素になるから。
 

伊那谷で育ったことが
プライドになるような関わりを
これからも続けていけたらな。
 

<<<前編
 


【著者・写真】
久保村 英未子さん