伊那ふぃーる
2018.10.07

東京藝大生×地域のアートプロジェクト


★イベント概要★

2018/10/7(日)〜8(月・祝)
東京藝術大学の学生が、伊那市の魅力を発信する「伊那市デザインプロジェクト」。
東京音楽学校(現東京藝大)の初代校長を務めた、伊澤修二氏が伊那市高遠町出身という縁で実現しました。

2年目となる今年は、一般公開も行われます。
秋の里山を舞台に広がる、アートの世界を体感してみてください!

\東京藝術大学×伊那市高遠第二・三保育園×信州高遠美術館のコラボ企画/
●手のなかのかたち
10/7(日)14:00〜16:00
10/8(月・祝)9:00〜15:00 
場所:保育園裏山(雨天時は保育園内)

「伊那市高遠第二・三保育園×東京藝術大学 ワークショップ&特別展示
石膏を使って、子どもたちの「手のなかのかたち」を捕まえます」
出来上がるかたちにひとつとして同じものは無く、
作った本人の手にだけぴったりとなじむものになります。
真っ白で不思議な「手のなかのかたち」は、
見る人それぞれに様々なイメージを思い描かせることでしょう。

東京藝術大学の学生が主催のこのワークショップでは
伊那市高遠第二・三保育園の園児が中心となり
「手のなかのかたち」を作り一緒に保育園の裏山に展示します。
普段見慣れている山の景色がいつもとは違って見えるかもしれません。

※雨天決行
※裏山にて展示を行います。汚れても問題ない服装でお越しください
※ワークショップの対象は保育園児、小学校低学年児です

●INA  ART NIGHT
10/7(日)17:30〜21:00
場所:伊那市高遠町、高遠北小学校前の田んぼにて

「田んぼが光るアートなナイト。お月見をしながらごゆるりと!
伊那の田んぼに稲穂をイメージしたストロー作品を展示。
収穫の時期、優しい光を受けて黄金色に揺れる稲穂からヒントを得た作品です。
慣れ親しんだ田んぼの風景が光の演出で一転!幻想的な世界へ誘います。

●伊那市×東京藝術大学 持ち寄りお食事会のご案内
10/7(日)18:30〜
場所 : 「しおくの家」 伊那市高遠町長藤塩供4231
お漬物、お豆腐、お醤油、お味噌・・・発酵食品は健康の元とも言われ、長野県でも大切な食文化として伝えられています。今回、発酵食品を使った料理を持ち寄りお食事会を開催します。東京藝術大学の先生、学生の皆さんと共に素敵な時間を過ごしましょう。
参加費 : 無料

持ち物 : おひとり一品、発酵食品を使った料理とお飲み物をお持ち寄りください。

【主催】東京藝術大学
【協力】伊那市教育委員会文化振興/信州高遠美術館/高遠第2第3保育園//高遠第2第3保育園と地域の未来を考える会/塩供地域住民の皆様方
【お問い合わせ】信州高遠美術館 TEL.0265-94-3666 FAX.0265-94-39636 E-mail : t-bjk@inacity.jp