伊那ふぃーる
2018.11.13

あたたかな自然の染物


★イベント概要★
伊那市・長谷の雑穀レストラン野のもので、秋色を楽しむワークショップ。
野のものでは、レストランのメニューで出される雑穀を長谷で作られています。
長谷の非持(ひじ)地区で育てられたアワ「もちあわ・長谷在来種」は、平成最後となる11月の皇室行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献上される穀物にも選ばれました。

その雑穀の中でもたかきびは染料となり、布を染めると優しい色合いになるのだそう。
手抜いのものを染めるので、色合いもときどきで変わります。
そんな、自分だけの出逢いも楽しめそうです。

染色工芸家中村先生に、直接教えてもらえる貴重な機会。
ぜひ、おでかけください。

11/13(火)10:30〜14:30
場所:気の里ヘルスセンター栃の木(長野県伊那市長谷非持544-1)

■講師
染色工芸家の中村美須寿先生(飯島町在住)

■定員
24名

■料金
4000円
※ワークショップ費2500円、野のもののお料理とスイーツ&コーヒー1500円


■持ち物
・炊事用ゴム手袋
・汚れてもいい服装またはエプロン等
・バスタオル1枚または手拭いサイズのタオル2枚(洗濯済のもの)
・ビニール袋2〜3枚(染めた作品を持ち帰る用)


【予約・お問い合わせ】
雑穀レストラン 野のもの
Tel:0265-98-2960 またはFacebook「野のもの」

▶︎詳しくはこちら